アカネスミレ

スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 4〜5月

特徴
 日当たりの良い山野に生える。高さ10センチほどで、葉・葉柄・萼・子房・唇弁に短毛がある。葉は束生し花期には長さ2〜4センチ。幅2〜3センチの卵形。全体に毛が多く、側弁以外に毛がないのをオカスミレという。その中間形もあり、ややこしい。

撮影手記
 87年、マイカーで、山梨県へ、MさんKさんと行く。現地でYさんと地元のカメラマンさんと合流。小淵沢や甲斐小泉の野草を案内していただいた。小淵沢の林縁にて、アカネスミレを撮影。樹林越しに甲斐駒ヶ岳が美しかった。

左 1987年4月12日  小淵沢 
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
左下 2015年4月19日 山梨県甲府市
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
右下 2015年4月26日 群馬県高崎
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
トップヘ  スミレ科へ