アイヌタチツボスミレ

スミレ科スミレ属タチツボスミレ節

分布 北海道・本州では希

花期 6月

特徴
タチツボスミレ似ているがね花柱の上部の突起毛や側弁の基部に毛が多い。北海道北部では普通に見られる。高さ20センチ。花は直径2センチ、距は白い。

撮影手記
 礼文島西海岸八時間コースを一人歩く。エゾウスユキソウレブンコザラクラソウモドキなど珍しい花に出会えて撮影。ふとみるとタチツボスミレらしいスミレが。葉が光沢ある。帰宅してから調べてみるとアイヌタチツボスミレであった。何気なく撮影したのだけれども、撮影しておいて良かった。
1985年6月6日  礼文島
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ