ドクゼリ

セリ科セリ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期  6〜8月

特徴
湿地に生える有毒の多年草。茎は中空で90〜100センチになる。葉は2〜3回羽状複葉で小葉は長楕円状披針形。ふちに鋸歯がある。小散形花序は白色の小さな花を10個ほどつける、まるくなる。花弁は5個で先は内側に曲がる。地下茎・根に猛毒がある。

撮影手記
 12年の夏、尾瀬ヶ原を歩く。一回りして時間的少し余裕あったので、山の鼻の見本園を歩く。何度も尾瀬を歩いているけれどここをゆっくり見回るのは初めて。ドクゼリが咲いていたので、撮影した。

2012年8月5日 尾瀬ヶ原
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ  セリ科へ