トモエソウ

オトギリソウ科オトギリソウ属

分布  北海道・本州・四国・九州

花期  7〜8月

特徴
 花弁がよじれて巴状になることから。山地や丘陵に生える多年草。全身無毛。茎は4稜形で高さ約1メートル。葉は対生し披針形で長さ4〜10センチ。基部はやや茎を抱く。葉には明点があり。黒点はない。上部で分枝し、先に黄色でよじれた一日花を開く。花は直径4〜6センチ、花弁は5個。萼片は大小不同で脈間に明線が多数ある。

撮影手記
 私にとって、2011年は妻の入院もあり、休日は見舞いになり、花の撮影はなかなか行けず。7月の連休の一日をひさしぶりに山野草撮影に出かた。三ツ峠山荘のご主人とひさしぶりにお会いし、三つ峠の自然保護のネットワークのことを教えてていただいた、三つ峠の野草は盗掘の他に増えすぎたシカの食害が大きいと。私は日曜日しか休みとれなく、泊まり込みのネットワークの行事にはなかなか参加できないけいが、できることは協力していきたい。その後妻はすぐに退院したけれど、今度は私が体中に原因不明の発疹に悩まされ、11年の山野草撮影の山行きはこのときが最後になってしまった。

上 2011年7月24日 三つ峠山 
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
左 2015年7月19日 高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ  オドギリソウ科へ