フジオトギリ


オトギリソウ科オトギリソウ属

分布 富士山周辺・秩父

花期 7〜8月

特徴
山地林縁、砂礫地、草地に生える草丈30〜40センチの多年草。茎は叢生し直立する。葉は対生し、披針形〜線状披針形で、長さ1.7〜4cm、幅は狭い。葉には黒点と黒線が入り、縁にも黒点がある。花は茎頂に数個つき、花弁は5個、黄色でやや小さい。花弁や萼には黒線が、縁には黒点があり、花弁には明線も少し入る。
撮影手記
オトギリソウの見分け方は難しい。花弁や萼を観察して見分ける。

2016年7月10日 山梨県南部市
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
トップヘ  オドギリソウ科へ