クロズル

ニシキギ科クロズル属

分布 兵庫県以北の本州日本海側
    紀伊半島・四国・九州
花期 7〜8月

特徴
深山に生える、つるは赤褐色。葉は互生し、長さ5〜15センチの卵形。枝先に円錐花序を出し、直径5〜6ミリの白い花を多数つける。花序には細かい突起毛がある。花弁・雄しべ・萼片はともに5個。

撮影手記
 尾瀬沼を一周、時間かけて歩き、下山のための沼山峠の登りにて撮影。帰宅便のバスの時間的に少し余裕があったので、のんびりと撮影を楽しんだ。

2010年8月1日 尾瀬沼
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップへ    ニシキギ科へ