オオヤマフスマ

ナデシコ科オオヤマフスマ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 6〜8月

特徴
山地の草原や道ばたに生える多年草。高さ5〜20センチ。茎は有毛で細く、上部で枝分かれする。葉は対生し楕円形〜長楕円形で長さ1〜2センチ。3脈が目立ち、両面に細毛がある。花は白色、5弁花で直径1センチ。

撮影手記
レンゲツツジ満開で観光客やハイカーでにぎわう赤城山の小沼・覚満淵にて撮影

2010年6月13日 赤城山
キャノン50D EF50ミリマクロ

トップヘ  ナデシコ科へ