ナンバンハコベ

ナデシコ科ナンバンハコペ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期  6〜10月

特徴
山野に生える多年草。茎は細く、ツルのようにのびて1,5〜1.7メートルになる。多くは枝分かれする。葉は対生し卵型で長さ2〜5センチ。全緑で短毛がある。小枝の先に白色の花が横向きに咲く。花弁は五個で細長く1.5センチ。それぞれ離れ離れについて反曲し、先端は2裂する。顎は広鐘形で、5個のとがった萼片に分裂する。

撮影手記
目的の花を撮影、満足してのんびりと往路を戻る。晩夏から初秋の山野草を撮影。私にとって撮れそうで撮れていなかったナンバンハコベ。

2017年9月3日 長野県大塩村

2017年8月6日 山梨県 
左 オリンパスTG−4
下 キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  ナデシコ科へ