カワラナデシコ

ナデシコ科ナデシコ属

分布 本州・四国・九州

花期 7〜10月

特徴
山野の日当たりのよい草地や河原に生える高さ30〜80センチの多年草。茎や葉は粉白色をおびる。葉は対生し長さ3〜9センチの線形。基部は茎をまく。花は淡紅紫色で直径約4センチ。花弁が細かく糸状にさけている。顎筒は長さ3〜4センチ。雄しべ約10個。花柱は2個ある。

撮影手記
このHPは前進を含めて01年から制作しているが、カワラナデシコはすでに、UPしているものと思い込んでいた。どうやらエゾカワラナデシコを撮影していらい、両種が私の頭の中で一緒になっていたようだ。

左 2017年8月27日 山梨県忍野村
オリンパスTG−4

下 2017年8月6日 山梨県忍野村
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップへ  ナデシコ科へ