エンビセンノウ

危惧種1B類

ナデシコ科マンテマ属

分布 北海道(日高)本州(埼玉県・長野県)

花期 8〜9月

特徴
山地の湿地に生える草丈40〜80センチcmの多年草。茎は直立し、葉は対生し、長卵形〜披針形で長さ3〜7センチ、幅1〜2センチ、基部は茎を抱く。花は茎頂に数個まとまってつき、花弁は5個、紅橙色で先は深く切れ込む。

撮影手記
あこがれの花のひとつ。プロの写真家に自生地に案内していただき、やっと撮影できた。野生種とは思えないほどの強烈な花姿・色・艶やかさ。撮影仲間ともに感嘆・感動のためいき。

2012年9月2日 八ヶ岳
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ 
タムロン90ミリマクロ

トップヘ  ナデシコ科へ