ハイイヌツゲ

モチノキ科モチノキ属

分布 北海道・東北

花期 6〜7月

特徴
イヌツゲの変種。北地の山地の湿原に生える。下部は地をはい、高さ1〜1.5メートルになる。葉は互生し、長さ2〜3センチでイヌツゲに似る。葉腋に小さな白い花を開く。雄花は多数つき、雌花は1個ずつつく。雌雄異株。

撮影手記
八幡平のお花畑に酔い、ホテルで一泊した翌日、帰宅前に御在所湿原・赤沼を散歩。湿原に最初に向かえてくれたのがハイイヌツゲ。木道脇にびっしりと咲いていた。

トップへ  モチノキ科へ