ナガバノモウセンゴケ

絶滅危惧2類

ムラサキ科モウセンゴケ属

分布  尾瀬ヶ原・サロベツ原野
     大雪山系 

花期 7〜8月

特徴
 湿原に生える多年草。高さ10〜20センチ。葉は直立して表面とふちに赤い線毛がある。葉身はすべて根生して細長く、柄ともに長さ7〜12センチ。

撮影手記
  尾瀬にはモウセンゴケとこのナガバノモウセンゴケの交雑種のサジバノモウセンゴケがあるが、私には、どうもみわけられない。

上  2010年8月1日 尾瀬沼
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
         タムロン90ミリマクロ
左 1992年8月12日 尾瀬ヶ原
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ
下  2012年8月5日 尾瀬ヶ原
キャノン50D EF50ミリマクロ

トップヘ  モウセンゴケ科へ