ムジナモ

モウセンゴケ科ムジナモ属  危惧種1A類

分布  関東・東海・関西に自生地していたが絶滅が確認されている。

花期  7〜8月

特徴
水中に浮揚する多年草の食虫植物。

撮影手記
 このHPでは基本的に野生しているのを撮影したのをUPするのが基本だが、例外として3つの栽培品を掲載している。ゲンゲ スイセンの掲載理由はかくページを参照されたし。ムジナモ、これは現在2012年において、純粋な野生種は絶滅しており、栽培下で継投保存しているのみ。現在羽生市にて、ボランテァ・植物学者により自生地の復活をめざしている。
 佐渡のトキや豊岡市のコウノトリのように、ムジナモもぜひ、自生地の復活を心より願いたい。昭和まで生存が確認されたニホンカワウソが今日( 2012年8月12日)絶滅種に決定されたことを聞いて、ムジナモがそうならないようにと思い、ここにUPすることにした。羽生市のさいたま水族館での展示品(栽培品)を撮影。

上・左 2012年8月12日 さいたま水族館・展示品
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ 
下 2015年8月16日 埼玉県
キャノンEOS 50D EF50ミリマク タムロン90ミリマクロ

トップヘ  モウセンゴケ科へ