モウセンゴケ

1987年7月26日 北アルプス・薬師沢
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
2001年7月8日 駒止湿原 
    キャノンEOS−1 EF100ミリマクロ
2014年7月27日 東吾妻山
 キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
2019年7月14日  八幡平
オリンパスTG−4
2019年7月14日  八幡平
オリンパスTG−4
2019年7月14日  八幡平
オリンパスTG−4
モウセンゴケ科モウセンゴケ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 6〜8月

特徴
低山から亜高山帯まで分布している。名前は、群生すると赤い毛氈をしきつめているようになるから。日当たりの良い湿地に生える多年草。葉はロゼット状に根生し、長い柄がある。葉身は長さ0.5〜1センチの卵形円形で基部は急に細くなって葉柄に続く、高さ15〜20センチの花茎を伸ばして直径1〜1.5センチの白い花を総状につける。花序は、はじめ渦巻き状になっているが、しだいにまっすぐに伸びる。

撮影手記

代表的な食虫植物であり、私が高校生の頃からムシトリスミレともに食虫植物好きになった花である。以来、北アルプスの高山や千葉県の低層湿地など数多く見てきている。そして、これからも追い続けると思う。
19年、八幡平に行ったときは、接写して捕虫にかかった小虫を撮影することができた。

左 2010年8月1日 尾瀬沼
    キャノンEOS50D タムロン90ミリマクロ
2019年7月15日  八幡平
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ  モウセンゴケ科へ