イシモチソウ

絶滅危惧2類

モウセンゴケ科モウセンゴケ科

分布 関東以西・四国・九州・沖縄

花期 5〜7月

特徴
石を持ち上げられることから。湿地に生える高さ10〜25センチの多年草。根生葉は花期には枯れている。茎葉はまばらに互生し、三日月形で幅4〜6ミリ。花は直径約1センチ。

撮影手記
 千葉県の天然記念物指定の成東の湿地にて撮影。ここはボランテァの方により最適な保護されている。食虫植物の種類も多く楽しい。
 
1990年5月20日  成東
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップヘ  モウセンゴケ科へ