ミヤマシキミ

ミカン科ミヤマシキミ属

分布 関東以西・四国・九州

花期 4〜5月

特徴
常緑の低木。茎には刺がつかない。葉は茎に互生し、茎の上部に集まる。単葉で、縁は全縁ときに上部に鈍鋸歯がある。花は枝先に円錐花序をつける。雌雄異株で雄花と雌花をつける株が異なる。花弁は4枚、ときに5枚。

撮影手記
高尾山ではよく見ることができる低木の花。ミカンの仲間だけれども、赤い果実には毒がある。

1991年4月14日 高尾山
キャノンF−1 タロン90ミリマクロ

トップヘ   ミカン科へ