マツカゼソウ

ミカン科マツカゼソウ属

分布 本州宮城県以南・四国・九州

花期  8〜10月

特徴
山野の林縁などに生える高さ50〜80センチの多年草。葉は3回3出羽状複葉で、質薄く。油点がある。臭気がある。枝先に集散花序を出し、白色の四弁花を多数開く。

撮影手記
 ツリフネソウともに、ここにUPするために、撮影しなくてはと思いながら、後回しにしていた。過去に撮影しているがここにUPするには今ひとつ。撮影した枚数も少ない。そんなわけで、改めてというより、この花を目的として高尾山へ。珍しい野草ではなく、関東の秋山ならば普通に見ることができる。野生のかすみ草(園芸種・科はことなる)に雰囲気が似ている。

2010年9月5日 高尾山 キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ  ミカン科へ