サンカヨウ

メギ科サンヨウ科

分布 北海道・本州

花期 5〜7月

特徴
山地から亜高山の林下に草丈30〜60センチの多年草。茎に2枚の葉がつき、下の葉は広腎円形で楯状につき、長さ20〜30センチ、幅30〜35センチと大きい。上の葉は小さく、楯状にならない。花は茎頂に、直径2cm程度の白色の花を3〜10個つける。花弁は6個。果実は藍色で白粉を帯びる。

撮影手記
早朝の冷気に包まれながら尾瀬ヶ原をめざし峠を下っていく。先は長い。サンカヨウを見つけて撮影。この花は私にとって撮影していそうで、していなかった花のひとつ。
ここのHPにもやっとUPできた。尾瀬ヶ原を回った後、帰り道でもう一度ゆっくり撮影しようと思ったけれど、そのときはいつもの通り時間に追われ(バスの集合時間)再会はならなかった。

2014年6月1日 尾瀬
キャノンEOS 50D  EF50ミリマクロ

  トップへ    メギ科