ルイヨウボタン

メギ科ルイヨウボタン属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 4〜6月

特徴
山地の落葉樹林下に生え、葉がボタン(牡丹)に似ていることからこの和名が付けられている。草丈30〜70センチの多年草。茎につく葉は、2個あり、下の葉は2〜3回3出複葉で、柄がなく小葉は卵形〜長楕円形、縁は全縁。頂小葉は柄がある。花は集散花序になり、花弁は6個、黄緑色で10個程度つく。

撮影手記
 若い頃、高尾山にクマガイソウを探しに名もなき道・沢を歩いたがルイヨウボタンしかみつからず、足取り重たくなった。緑色の花は周りの新緑の樹木の中に溶け込み目立たない。

2015年4月29日  山梨県 竜ヶ岳
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップへ    メギ科