センダイハギ

マメ科センダイハギ属

分布 北海道・東北

花期 6〜7月

特徴
海岸の砂地に群生する高さ40〜80センチの多年草。葉は掌状3小葉は長さ4〜7センチ、幅2〜5センチの楕円形から倒卵形で葉面に白い軟毛がある。葉柄の托葉は長さ3〜4センチと大きく、小葉のように見える。花は黄色で長さ2〜2.5センチ。豆果は扁平で長さ7〜10センチ。

撮影手記
 会社を退職して、19泊20日の北海道旅行。最初に尋ねたサロベツ原野にて撮影した。なんもない広い草原に、エゾキスゲともに咲いていた。あのころの私は、キャノンAE−1 FDマクロ100ミリ翌年家業を継ぐまでは、なにをやっても中途半端な時期であった。

1978年6月28日 サロベツ原野
キャノンAE−1 FDマクロ100ミリ

トップヘ  マメ科へ