クサフジ

マメ科ソラマメ属

分布 北海道・本州・九州

花期 5〜9月

特徴
日当たりのよい草地に生える長さ150センチになるつる性の多年草。花は6〜15センチの総状花序になり、一方に偏って密につく。花は青紫色で長さ1〜1.2センチ。萼裂片の長さは不揃いで、萼等より短い。 豆果は長楕円形で長さ2〜3センチ、幅6〜8ミリ。無毛。葉は羽状複葉で18〜24個の小葉からなる。小葉は狭卵形で長さ1.5〜3センチ、幅2〜6ミリ。質は薄い。
 
撮影手記
マメ科は鑑定が難しく、つい後回しになってしまう。よく見かけるクサフジもそのひとつ。山梨県の山の草原で吹き出る汗をぬぐいながらの撮影をした。

2017年8月6日 山梨県忍野村 
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  マメ科へ