ゲンゲ

マメ科ゲンゲ属

栽培種・帰化植物

花期 3〜4月

特徴・撮影手記
 レンゲ。野生種でなく。この_HPの趣旨とはちがう。かって日本の田圃の春風物詩であり、親しまれてきただけに、当HPにも取り上げた。このHPにおいてスイセンともに栽培品。
 レンゲ畑は、農薬や化学肥料の使用により、役目は減少した。が、特別栽培による農薬を使用しない米作りとして、またより付加価値のある米として、最近は見直されつつある。
 レンゲを田植え前に田圃に鋤き込み、発生するガスにより除草の効果を得る。また貴重な有機肥料(緑肥)にもなる。写真は、懇意している生産者の田圃にて撮影。
 下の写真はレンゲを鋤きこむ前。普段ならお花畑の中で寝るなんて、とんでもないことだけれども、この後、レンゲは、全てトラクターにより田圃の土の中に鋤きこむので、許される。私もレンゲ畑でで昼寝の後、鋤き込み作業をやらせていただいた。

2001年4月29日 栃木県
キャノンEOS−1  EF100ミリマクロ

トップヘ  マメ科へ