フジカンゾウ

マメ科ヌスビトハギ属

分布  本州・四国・九州

花期 8〜9月

特徴
山野の林内に生える多年草。高さ80〜120センチになる。全体にまばらに毛が生えている。茎は、ほとんどの場合斜上し、上部では水平に近くなる。
茎の先に長さ50センチ位の総状花序に、長さ1センチほどの小さな淡紅紫色の花をたくさんつける。花は蝶型花。葉は奇数羽状複葉。小葉は、大きく長さ15センチほど、幅5センチ前後で、葉先は三角形状。

撮影手記
 高尾山では沢筋でよく見かける。花をクローズアツプすると、和名のように淡い藤色で趣がある。花茎が長くて風に揺られやすく撮影には忍耐力?がややいる。

2012年9月9日 高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ 

トップヘ  マメ科へ