ヤマトリカブト

キンポウゲ科トリカブト属

分布 関東・中部南部

花期 9〜11月

特徴
毒草としてあまりにも有名。狂言に出る猛毒の「ぶす」はトリカブトから採取した言われている。高さo.6〜2メートル。林縁では斜上し、草原では直立する。葉は3〜5中裂と切れ込みが浅い。長さ・幅とも6〜20センチ。花は長さ3〜4センチ。散房状につく。上から順番に咲く。箱根地方で草原に直立するのを、ハコネトリカブトという。

撮影手記
87年の秋、翌年に結婚を控えていた私は、休みは式の準備などにいそがしく、なかなか山に行けず。ひさしぶりに休日に自由ができたので、花追い仲間のMさん・kさんに撮影山行に連れて行ってもらう。ヤマトリカブトをはじめとする秋に咲く山野草をひさしぶりに撮影できて、うれしかった。


上・左 1987年10月11日 富士山周辺の山
キャノンF−1 FD50ミリ・100ミリマクロ
左下  2016年10月11日 富士山周辺の山
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ