ヤマオダマキ

キンポウゲ科オダマキ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期  6〜8月

特徴
 オダマキとは、麻糸を巻いた管のこと。距の立った花の姿がにていることから。山地の草地や林縁に生える。高さ30〜60センチ。根生葉は長柄があり、2回3出複葉。小葉は扇形で2〜3裂し長さ2〜4センチ。茎の上部に直径3〜3.5センチの花を下向きにつける。萼片は5個。紫褐色ないし淡黄色。基部は長く伸びて距となり、直立し、やや曲がる。雄しべは多数。雌しべは5個。右側上と左の黄色の花をキバナオダマキと呼ばれている。

撮影手記
 左上と左の写真は、富士山の好展望台・ロック・クライミングのゲレンデとして有名な三ツ峠にて撮影。この山は珍しい野草が多いのだけれど、入山しやすいのが、野草の盗人も多い。私も、撮影していると、スコップを片手に持ったおっさんが、なんの花を撮影しているのかと聞いてきた。腰につけているレジ袋にたくさんの野草を入っているのを見て、怒鳴りつけたことがある。今、ボランテァ中心に保護活動と植物の再生活動を熱心行われている。

左上 1989年7月23日 三ツ峠山 
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
右上 1986年7月20日 霧ヶ峰
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
左 2011年7月24日 三ツ峠山
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ