ヤマキツネノボタン

キンポウケ科キンポウゲ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 7〜9月

特徴
 山地の湿気のあるところに咲く多年草。高さ20〜30センチ。キツネノボタンの変種。斜上毛が多く。花茎が細長いもの。葉は1回3出複葉。小葉は長卵形で2〜3烈する。花は黄色で直径8ミリ。

撮影手記
 尾瀬ヶ原の撮影を終えて、山の鼻から鳩待峠へ向かう林の淵に生えていたのを撮影。


2012年8月5日 尾瀬
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ