トウゴクサバノオ

キンポウゲ科シロガネソウ属

分布 本州宮城県以北・四国・九州

花期 4〜5月

特徴
 山地の沢沿いなどに生える多年草。高さ10〜20センチ。葉は複葉。小葉は3〜5個。鈍鋸歯がある。根生葉は基部に数個つき、茎葉は対生する。花は直径6〜8ミリ。花弁状萼片は淡黄白色。花弁は軍配形。

撮影手記
 シロガネソウの仲間でも、最もポピュラー。スミレを撮影に高尾山の沢の道を行く。樹林下にトウゴクサバノオをいくつも見ることが出来る。

左 2007年4月8日 高尾山
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ
左下 2016年4月10日 高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
トップヘ  キンボウゲ科へ