タガラシ

キンポウゲ科キンポウゲ属

分布 日本全土

花期  4〜5月

特徴
 「田辛し」噛むと辛みがあることから。毒草。水田や溝などに生える、高さ30〜50センチの多年草。裂片はさらに細かく裂ける。花は黄色で直径0.8〜1センチ。花のあと花床は伸びる。

撮影手記
 「田枯し」という由来の節があるくらい、水田の雑草。多摩丘陵にイチリンソウ撮影を目的に。湿った草地には、タガラシが今や盛んに咲いていた。

左下 2009年4月19日 東京都町田市
キャノン40D EF50ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ