シロガネソウ

キンポウゲ科シロガネソウ属

分布 神奈川県〜奈良県

花期 6〜8月

特徴
 別命ツルシロカネソウ。山地の林内に生える高さ10〜20センチの多年草。根葉葉は1個。茎・葉は対生し、葉の基部が合着する。頂小葉は菱状卵形で欠刻状の鋸歯がある。花弁状萼片は白色で、直径1〜1.5センチ。花弁の舷部は杯状。

撮影手記
 シロガネソウは野生ランを探しに行くときによく出会う。85年は富士山周辺の山に、花追い仲間のMさんと行ったとき、目的のランを撮影し、余裕の心で山歩いているときシロカネソウを初めての出会い。以後、その清楚な花に見せられ、18年丹沢にコイワザクラ求めて歩いているとき、思いもかけずシロガネソウに出会い、見とれた。


左 2018年4月29日  丹沢 
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
1985年5月26日 山梨県山中湖
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
2017年6月11日 山梨県山中湖  
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ 
トップヘ  キンボウゲ科へ