ルイヨウショウマ

キンポウゲ科ルイヨウショウマ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 6〜7月

特徴
 深山の樹林帯に生える多年草。高さ30〜80センチ。葉は2〜3回3出複葉。小葉は卵形〜長楕円形、長さ3〜10センチ。粗い鋸歯がある。花序の先に短い総状花序を出し、白色の花が集まってつく。萼片は早落性、花弁は4〜6個はへら形で長さ3ミリ。雄しべは多数。雌しべは1個。

撮影手記
 ある野生ランを探しに富士五湖にそびえる山へMさんと行く。登山口で目的を達成し、その後は余裕をもつて歩くことが出来た。ルイヨウシュウマを撮影したときも、心はルンルン気分だつた。

1985年5月26日 山梨県 道志山系
キャノンF−1 FD50ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ