レブンキンバイソウ

キンポウゲ科キンバイソウ属

分布 北海道・礼文島

花期 6月

特徴
 花弁状萼片は、雄しべより長く、先は円形が切形。花柱は長さ1,5〜2ミリ。亜高山帯の草地に生える、高さ20〜60センチの多年草。

撮影手記
 花の浮島・礼文島の桃岩にて撮影。レブンキンバイを撮影すると、霧が晴れ、海には利尻富士。レブンコザラエゾノハクサンイチゲを撮影しながら、今回最大の目的のレブンアツモリソウを探す。

1985年6月5日  礼文島
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ