オオウマノアシガタ

オオウマノアシガタ  希少

キンポウゲ科キンポウゲ属

分布 東北・北関東

花期 5〜6月

特徴
 栃木県発行のレッドデーターブックによると、ウマノアシガタに似るが、より大型。茎の高さが30〜100cm、地下に匍匐枝を出す点などで違っている。また、ウマノアシガタは2倍体(2n=14)であるが、本種は6倍体(2n=42)だそうだ。

撮影手記
 栃木県のある河原にて撮影。撮影しながら普通のウマノアシガタはろくに撮影していないと気がつく。一般的な野草より、変種や品種を先に撮影してしまうことがままある。これを撮影以後、もっと基本的な種を撮影していかなくてはと、つくずく思った。ウマノアシガタの大型。その特徴をうまく撮影出来ただろうか?
 
2008年5月18日 栃木県
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ