ニリンソウ

キンポウゲ科イチリンソウ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 4〜5月

特徴
 山野の湿ったところに群生する多年草。高さ15〜25センチ。根生葉は、3出裂し。さらに2裂する。茎葉は茎葉は無柄で、3個輪生する。茎頂に花茎を2〜3個たて、先端に直径2センチの白花をひらく。花弁状の萼片は5〜7個。裏面はときに、帯紅色。

特徴
 スプリング・エフェメラル(春ははかないものたち)の代表的な花。群落は、お花畑状になり目をみはる。最近の私は、ニリンソウをみるたびに、ミドリニリンソウをさがしてしまう。

右 1991年4月14日 高尾山
キャノンF−1 FD100ミリマクロ使用

下  2009年4月5日 東京都
EOS 40D EF50ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ