ミョウギカラマツ

希少

キンポウゲ科カラマツソウ属

分布 妙義山とその周辺

花期 7〜8月

特徴
妙義山周辺のみに生える。全体が白ぽい。岩場に生える多年草。高さ60センチほどになる。アキカラマツに似ているが、葉の裏面が粉白色である。

撮影手記
 花追い仲間のTさん、Uさんと妙義山へ。妙義山は特産種が多い。何回か月を分けて訪ねて行かなくては。ただ交通の便が悪いのが難点。今回の目的はミョウギカラマツ・ミョウギモミジカラマツツルガシワ。いずれも撮影することができた。

1994年7月24日  妙義山
キャノンF−1  タムロン90ミリマクロ
トップヘ  キンボウゲ科へ