キタダケキンポウゲ

危惧種1A類

キンポウゲ科

分布 北岳

花期 7〜8月

特徴
 高山性の湿った岩上に生える多年草。高さ5〜20センチ。茎は一本、枝ともに軟毛がある。茎葉は3枚。葉身は腎円形。幅6〜25ミリ、3深裂〜全裂し、側裂片はさらに2〜3裂中裂する。表面に軟毛がある。葉柄は長さ1〜6センチ。花は茎の先端にひとつ咲く。萼片は長さ5〜6.5ミリ。外側に白い軟毛がある。

撮影手記
 写真は花期がやや過ぎてしまい、再度取り直したいと思っているけれど、高山病のトラウマが・・・

1985年8月5日北岳
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ
トップヘ  キンボウゲ科へ