カザグルマ

キンポウゲ科センニンソウ属   絶滅危惧2類

分布 本州・四国・九州

花期 4〜5月

特徴
花をおもちゃの風車にたとえたもの。林縁にはえるつる性の低木。葉は羽状複葉。小葉は3〜5子あり長さ2〜6センチの卵形で先はとがる。花は直径7〜12センチと大きく上向きに咲く。萼片はふつう8個あり、白または淡紫色で花弁のようにみえる。

撮影手記
園芸種のクレマチスの原種。かねてから撮影したいと思っていたカザグルマ。撮影した自生地は一時姿を消してしまい、都内での撮影は無理と思っていたところ、同じ場所で再び復活したことを聞いた。やっと念願がかなった。

2011年5月22日 東京都 キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ