カワチブシ



キンポウゲ科トリカブト属

分布 関東・近畿太平洋側

花期 7〜11月

特徴
 関西の金剛山で発見されたため。高さ0.5〜1.8メートル。林縁にはえると斜上し、草原だと直立する多年草。葉は3全裂、あるいは3深裂する。長さ・幅とも長さ6〜19センチ。散房状に花がつく。花冠は無毛。

撮影手記
 背が高く風に揺れて、非常に取りにくい。幸い天気が良かったので高速シャッターを使用。ヘタな鉄砲数打てば当たるの感覚だ。

2003年9月14日  西上州
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ