イチリンソウ

キンポウゲ科イチリンソウ属

分布 本州・四国・九州

花期 4〜5月

特徴
 山地やふもとの林縁に生える高さ10〜30センチの多年草。根茎が横に走り増える。葉は3個。2回羽状複葉で、さらに細裂する。根生葉はない。茎頂に花茎を1個直立し、先端に4センチの花をつける。花弁はなく、花弁状の萼片を5〜6個、内面は白色。外面は赤紫〜淡紅色をおびる。雄しべ。雌しべとも多数。

撮影手記
 長年、植物撮影していたわりに、イチリンソウをまともにアップできる写真がない。そこで、イチリンソウを第一目的に、多摩丘陵にある自生地へ行く。 
 目的地へ向かうバスは、ある高校行きなので、学園バスのように学生で満車。一人場違いなおっさんがいる感じで居心地悪かった。
 イチリンソウの花びらにあたる萼片の裏側がうす紅色に染まって、美しい。貴婦人のような花である。

上   2009年4月19日 東京都町田市   キャノン40D EF50ミリマクロ

上  2015年4月19日 山梨県甲府市  キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ