ハンショウズル

キンポウゲ科センニンソウ属

分布 本州・九州

花期 5〜6月

特徴
 山野の林内に生えるつる性の低木。茎は暗紫色をおびる。葉対生し3出複葉。小葉は長さ3〜5センチの倒卵形で3〜5脈がはっきりしている。上部に鋸歯がある。葉腋から長い柄をだし下向きの暗紅紫色の鐘形の花を1個開く。萼片は4個で長さ約3センチ。ふちに白毛が多い。花柱は花後伸長し長毛が密生する。

撮影手記
 私にとってなかなか会えそうでなかなか会えない花のひとつ。高尾山で偶然に見つけ撮影。その後、なかなか撮影機会なかったけれど、15年に同じく高尾山にて見つけ撮影できた。

 
左 1995年5月28日 高尾山
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ
左下 2015年5月15日 東京都 
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ