ハクサンイチゲ

キンポウゲ科イチリンソウ属

分布 東北・中部の高山帯

花期 6〜8月

特徴
 高山帯の乾いた草地に生える多年草。高さ15〜60センチ。茎・葉柄・葉縁には粗い毛がある。茎葉は1〜3個深裂する。花は白色。花柄は長さ2〜12センチ。萼片は5〜7個。楕円形で長さ1〜2センチ。

撮影手記
 タクサンイチゲと揶揄されるほど、お花畑を飾る代表的な高山植物。北岳へキタダケソウを見たくて雪渓を上り詰め、きつい八本歯のコルの登りに苦闘し、稜線に立つ。霧がどんどん晴れていき、間ノ岳の大パノラマが目の前に。しばし、我を忘れる。

左 1992年7月19日 北岳
キャノンF−1 FD50ミリマクロ使用

下 1986年7月27日 月山
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

右下は八重咲き
下  2014年7月6日 至仏山 キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ