フジレイジンソウ

キンポウゲ科トリカブト属

分布 関東

花期 9月

特徴
高さ40〜80センチの多年草。アズマレイジンソウの花柄には屈毛があるが、フジレイジンソウには開出毛がある。また、上萼片の先端部は後ろに反る。茎に稜があることが異なる。

撮影手記
高尾山に咲く野草を撮影していると、同好の人からフジレイジンソウを撮影に行くと。自生地を教えていただきフジレイジンソウを撮影。やや花期が遅く、来年できたら取り直したい。撮り終えて登山道に戻り歩いていると、単独の男性から今ある貴重な花の実がなっているよと教えていただき寄り道することに。

2016年9月25日 高尾山
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ