エゾノリュウキンカ

リュウキンカ属

分布 北海道・東北

花期 5〜7月

特徴
 リュウキンカより全体的に大きく、高さ50〜70センチ。葉は大きく楕円形で幅10〜30センチ。根生葉には長柄がある。花は直径3.5センチと大きく、花数も多い。

撮影手記
 Tさんをリーダーとして、天塩地方のある名も無き沢をMさん、Kさんと行く。テシオコザクラを探しに。沢沿いに咲いていたエゾノリュウキンカ、ヒグマの影におびえながら撮影した。(左の写真)

左 1992年5月24日  天塩
キャノンイオス650 EF100ミリマクロ
下 1986年6月29日 夕張岳
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
トップヘ  キンボウゲ科へ