エゾイチゲ

キンポウゲ科イチリンソウ属

分布 北海道

花期

特徴
 北海道の深山の林縁などに生える多年草。高さ5〜15センチ。根生葉は3出複葉で、小葉は分裂しない。葉茎は3個輪生して3全裂し、小葉は卵形て
長さ2〜4センチ、鋸歯がある。花は白色で直径2〜4センチ。花弁状の萼片は5〜7個。

撮影手記
 89年、夕張岳にくわしいTさんの案内で、花仲間ともに登る。登山口ちかくで、足下にエゾイチゲが咲いていていた。この花も北海道に来なければ見られない花だ。

1986年6月29日 夕張岳
キャノンF−1  FD100ミリマクロ
トップヘ  キンボウゲ科へ