バイカオウレン

キンポウゲ科オウレン属

分布 本州・福島県以南

花期 4〜6月

特徴
 針葉樹林帯や林内に生え匍枝を出して増える多年草。根生葉は長柄のある掌状複葉。小葉は5個。長さ1〜2.5センチの倒卵状で鋭鋸歯があり、やや厚く、光沢がある。高さ4〜15センチの花茎を出し、直径1.2〜1.8センチの花をひとつ開く。萼片は花弁状。花弁は黄色で舷部は浅い杯状。

撮影手記
 長野県のある神社の参道にて撮影。杉の林床は、杉の花粉だらけ。バイカオウレンの葉も花粉にやや白く覆われ、それをはたいたり、周りを歩いたりすると、もうもうと白い煙・・・杉花粉が。花粉症でなくて、良かった。

2009年4月12日 長野県木曽路
キャノン40D EF50ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ