アズマイチゲ

キンポウゲ科イチリンソウ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 3〜5月

特徴
 落葉樹林内や林縁、草地等に生える多年草。高さ15〜20センチ。根茎は横にはう。根生葉は2回3出複葉で、小葉はさらに深く裂ける。葉茎は3個輪生して3出複葉で、小葉は先に鋸歯か゜あり、長さ2〜3センチ。花は直径3〜4センチ。1個が頂生する。萼片は花弁状で8〜13個。線状長楕円形、白色。基部と裏面は少し紫色おびる。茎。葉のふち、花柄に落ちやすい長い毛がある。

撮影手記
 早春を代表する花。スプリング・エフェメラル。高尾山に咲くアズマイチゲを撮影したくて、自生地へ通う。陽がささないと開花せず、日曜日しか休めない私は、撮影するために、数年自生地通うことに。高尾山では残念なことに踏み荒らしにより自生地が荒らされている。

左 2007年3月4日 高尾山
キャノンEOSKiss・D EF50ミリ
2008年3月15日 高尾山
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ
2008年3月15日 高尾山
キャノンEOS40D EF50ミリマクロ
2009年3月15日  高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2011年3月27日  高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2014年3月23日  三毳山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2015年3月29日  山梨県大月市
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2017年3月19日  高尾山
キャノンEOS 70D  EF50ミリマクロ

トップヘ  キンボウゲ科へ