キブシ

キブシ科キブシ属

分布 本州・四国・九州

花期 3〜4月

特徴
落葉低木。山地に広くみられる。高さ2〜3ミリ。褐色の樹皮で,卵形で先がとがった,鋭い鋸歯のある葉が互生する。春に,若葉が伸びる前に枝に穂状花序が並んで垂れ下がる。雌雄異株。花は黄色の6弁で,4本のおしべがある。

撮影手記
 私が初めてリーバサルフィルムで撮影したのがキブシ(82年)。けっこう気に入った作品になったけれど紛失してしまい今はない。右の写真は大月市のカタクリの群生地にて撮影した物。伊豆半島では仲間のハチジョウキブシを撮っているのでいずれここにUPしたいと思っている。

2015年3月29日  山梨県大月市
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ   キブシ科へ