コミヤマカタバミ

カタバミ科カタバミ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 6〜8月

特徴
亜高山の針葉樹林下に生える草丈5〜15センチの多年草。根茎は細長くて分枝し、その咲きに1〜数個の葉を束生する。葉や葉柄にはほとんど毛はなく、倒心形で角の丸い3枚の小葉をつける。花茎は葉よりも高く、先端に1個、白くて紫色の筋のある花をつける。

撮影手記
苔むした八ケ岳の針葉樹林帯に咲いていた。過去何回も撮影していたけれど、UPになる作品なかった。やっと特徴と自生地の雰囲気わかる被写体を見つけて撮影した。

2016年5月29日 八ケ岳
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  カタバミ科へ