タチフウロウ

フウロウソウ科フウロウソウ属

分布 東北南部・中部地方・四国・九州

花期 8〜9月

特徴
山地の草原や林縁に生える高さ30〜60センチの多年草。茎や葉柄に下向きの毛がある。根生葉は多数ある。茎は掌状に5〜7裂し裂片はさらに中裂し鋸歯がある。表面・ふち・裏面脈上に粗毛がある。花は紅紫色で直径約3センチ。萼に毛が多い。

撮影手記
秋の清里高原にて、オケラビランジともに撮影した。撮影直したいと思いながらそのままになっている。


1985年9月1日 長野県・清里
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップヘ  フウロウソウ科へ