カイフウロウ

フウロソウ科フウロソウ属   絶滅危惧2類

分布 山梨県

花期 7〜8月

特徴
イヨフウロウの変種。 山地の草原に生える高さ50センチ前後の多年草。葉の裂片がとがり、全体に毛が少ない。茎葉は対生し、葉身は幅7センチ。掌状に分裂する。花は紅紫色で直径2.5センチ。

撮影手記
11年、妻がケガで入院し、山歩きはお預けに。ようやく退院のメドがたち連休の一日を山登りすることができた。稜線の草原には、カイフウロウやウスユキソウヤマオダマキが咲いていた。ひさしぶりに山の美味しい空気を深呼吸し。のんびりと歩いた。

上 2011年7月24日 山梨県富士吉田市 
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
左 2017年8月6日 山梨県忍野村
オリンパスTG−4

トップヘ  フウロウソウ科へ