アサマフウロウ

フウロウソウ科フウロウソウ属

分布 本州中部

花期 8〜10月

特徴
和名は浅間高原に多いところによる。湿った草地に生える高さ50〜80センチの多年草。草・茎・葉柄・花柄に毛がある。葉は幅3〜10センチ、掌状に深裂し、裂片はさらに細裂する。表面、ふち、裏面脈上に微細な圧毛がある。托葉は2個で基部で合成し、長さ8ミリ。花は濃紅色で直径3〜4センチ。基部に白い軟毛が密生する。萼片は微細な圧毛があり、先が芒となる。

撮影手記
 八ヶ岳の麓にある観光地にて撮影。私はフウロウの中では色鮮やかで目立ち、一番きれいだと思っている。高校生のころ清里に旅をしていてユースホステスに同宿した旅の友に、この花を教えて得意顔になっていた思い出がある。

2012年9月2日 八ヶ岳
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ 

トップヘ  フウロウソウ科へ